第26回うえだ城下町映画祭

第26回うえだ城下町映画祭を開催します

上田では大正時代から映画の撮影が行われ、現在までその関わりが脈々と続いています。当映画祭では、上田ロケ作品をはじめとする日本映画の上映、映画関係者のゲストトーク、人材の発掘を目的とした自主制作映画コンテストなどを行うことで、映画関係者と市民の交流や、映像に携わる人材の育成を図り、上田地域における映画を中心とした映像文化の振興に寄与してきました。
26回目となる2022年は11月11日(金)、12日(土)、13日(日)に開催します。
【もう一度観たい!2021年の日本映画たち】として一般公募で選ばれた『由宇子の天秤』、今年20回目を迎える自主制作映画コンテストを記念して、過去に大賞を受賞した3名の監督の最新作品、上田ロケ映画【きさらぎ駅】、さらには、今という時代を考える3作品を、105年の歴史を誇る上田のミニシアター上田映劇で上映します。また全国から153作品の応募があった、第20回自主制作映画コンテストのノミネート・受賞作品を犀の角で上映します。


ちらしはこちら

協賛金の募集のお願い

更新情報

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

  • 11月17日(土)の交流会について、参加者多数のため受付を終了いたしました。
    (2018.11.8)

2017年

2016年

お問い合わせ先

うえだ城下町映画祭実行委員会
(事務局 上田市交流文化スポーツ課)
TEL 0268-75-2005(土・日・祝日を除く8:30~17:15)
E-mail:u.castletownff-jimukyoku@city.ueda.nagano.jp

開催者情報

主 催/うえだ城下町映画祭実行委員会(構成団体:市民代表、上田市、上田市マルチメディア情報センター)
共 催/SBC信越放送
協 賛/上田市商店会連合会、(一社)長野県情報サービス振興協会東信支部、沓掛酒造、みすゞ飴本舗ほか
後 援/上田地域広域連合、上田商工会議所、(福)上田市社会福祉協議会、(一社)信州上田観光協会、一般社団法人上田青年会議所、東京上田会、(公財)八十二文化財団、東日本旅客鉄道株式会社上田駅、しなの鉄道(株)、上田交通株式会社、信濃毎日新聞社、信州民報社、東信ジャーナル社、週刊上田新聞社、上田ケーブルビジョン、丸子テレビ放送株式会社、(株)エフエムとうみ、信州大学繊維学部、長野大学、上田女子短期大学、長野県工科短期大学校

PAGE TOP